月別: 2017年8月

慰謝料の支払い基準

交通事故の死亡慰謝料には、裁判での事例をもとに一定基準の金額が設定されています。自賠責保険基準、裁判所基準など支払い先により基準が大きく違います。「自賠責保険」基準は、支払いまではスムーズに事が運びますが、政令により本人の支給額は、350万円と定められています。配偶者が請求すれば200万円追加されます。「任意保険」基準は、保険制度の自由化により、保険会社ごとの支払い基準は違いがあります。金額については、各保険会社が発表している慰謝料基準なるものを確認する必要があります。

ADRと呼ばれている「裁判外紛争解決機関」を通すことで、相手方と示談交渉をする方法があります。裁判所ではありませんので強制力に欠けることが懸念されます。

「裁判」基準は、日弁連の交通事故センターが基準として用いている「損害賠償額算定基準」(赤い本)と「交通事故損害額算定基準」(青い本)に死亡慰謝料の基準額が記載されていますので、それを参考に交渉がすすめられます。また、裁判基準では親者固有の慰謝料が含まれていることからもわかるように平均2500万円以上と高額になると考えられています。

大切な身内が亡くなったばかりですが、死亡したことで保険会社の担当者とやり取りを始めなければなりません。前述したように支払い基準が大きく違いますので、何でも言いなりになり、相手に任せきりでいると支払われる額も少なくなってしまうことも考えられます。

残された家族にしてみれば、生活するために大切な資金となるでしょう。家族と良く話しあい、どのような方法で死亡慰謝料を請求すればいいのか考えてみることが重要です。

<参考ホームページ>アディーレ / 交通事故の死亡慰謝料相談

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031